​スタートスモール

北海道こどもホスピスプロジェクトは、まず遊びの支援から取り組みます。病気やハンディキャップとともにあるこども、そのきょうだいはついつい色々なことを我慢しがち。こどもらしさ、その子らしさが自然と湧き出てくるような、ほっとできる時間空間を創れるように活動を考えていきます。

​さまざまな支援、そしてこどもホスピスへ

これから多くのメンバーの参加を募り実力をつけつつ、教育支援、訪問支援、遺族支援などへと活動を広げ、そして目標はこどもと家族が必要なときにいつでも使うことのできる「こどもホスピス」の設立へ。

皆さまの継続的なご協力を何卒よろしくお願いします。

​こどもホスピスの対象

いのちを脅かす病気(重い障がいや難病、小児 がんなど)とともに生きるこどもとその家族が対象となります。

・先天性疾患 ・非進行性脳障がい ・神経筋疾患 ・呼吸器疾患 ・腎疾患

・進行性中枢神経疾患 ・小児がん ・内分泌代謝性疾患 ・心疾患 ・その他

© 2018 北海道こどもホスピスプロジェクトで作成されたホームページです。