こどもホスピスについて

こどもホスピスとは

「こどもホスピス」この言葉を皆さんは耳にされたことがあるでしょうか。 こどもホスピスの活動は1982年に英国オックスフォードにある「ヘレンハウス」で始まり、その後、カナダ、オーストラリア、ドイツ、アメリカをはじめ、多くの国々に影響を与えてきました。

 そこでは、いのちに限りのある、または生命を脅かす病気とともに暮らすこどもたち、きょうだい、保護者、それぞれを主人公に、個別のニーズに合ったかかわりを行っています。「ホスピス」にはもともと『客を暖かくもてなす』という意味があります。

私たちのビジョン

プロジェクトの概要

こうした「こどもホスピス」の動きは日本ではまだまだ始まったばかりで、大阪や東京などに限られており北海道には1つも存在しません。「ホスピス」の精神を生かし、病院と自宅以外の居場所として、安心して遊びや学ぶことができ、こどもとしての時間を十分に持つことのできる育ちの場、また、家族にとっても安らぎの場となるような施設を作りたいと考えています。

 是非、ここ北海道にもいのちにリスクのあるこどもとそのご家族が安心して気軽に立ち寄れる、 心の拠り所としての「こどもホスピス」を建設できるよう皆さんのお力添えをお願い申し上げます。

ビジョン

私たちは、生命を脅かす病気(重い障がいや難病、小児がんなど)とともに生きるこどもと

その家族に寄り添いながら地域とともに歩むこどもホスピスを目指します。

ミッション

私たちのビジョン

私たちのホスピスは、こどもとその家族が、安心して寛ぎ、楽しみ、学び、その子らしく過ごすことのできる

場であり続けます。

基本方針

  1. こどもらしい時間、家族らしい時間を支えます。

  2. こどもと家族に全人的なサポートを提供します。

  3. こども、家族が大切にしていることを私たちも大切にします。

  4. 遊び、学び、社会とのつながりを通して成長を支えます。

  5. いのちに限りのあるこどもとその家族に寄り添い、看取りを支えます。

  6. 遺されたご家族の気持ちに寄り添い続けます。

© 2018 北海道こどもホスピスプロジェクトで作成されたホームページです。